日本糖尿病療養指導士(CDEJ)について

日本糖尿病療養指導士とは?

日本糖尿病療養指導士認定機構により認定されます

CDEJ(Certified Diabetes Educator of Japan:日本糖尿病療養指導士)は、日本糖尿病療養指導士認定機構により認定され、糖尿病治療にもっとも大切な自己管理(療養)を患者に指導する医療スタッフです。高度で幅広い専門知識をもち、患者の糖尿病セルフケアを支援します。
医療は日々進歩しています。臨床で糖尿病療養指導に悩む、あるいはもっと学びたいという自己研鑽などCDEJを目指す動機は様々です。

CDEJ認定資格受験に必要なこと

CDEJの認定試験を受験するためには下記1)〜4)全てを満たしていることが必要です。
  • 1) 看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士のいずれかの資格を有している
  • 2) 下記の(1)(2)(3)の条件を全て満たしている医療施設において、現在または過去10年以内に2年以上継続して「勤務しかつ糖尿病患者の療養指導業務に従事」した方で、かつこの間に通算1,000時間以上糖尿病患者の療養指導をおこなった実績がある
    • (1)当該施設に勤務する、以下の(イ)(ロ)のいずれかに該当する
    •   医師が、糖尿病療養指導にあたり受験者を指導していること
      (イ) 常勤または非常勤の日本糖尿病学会専門医(非常勤の場合、勤務は月1回以上)
      (ロ) 日本糖尿病学会の会員で糖尿病の診療と療養指導に従事している常勤の医師
    • (2)外来で糖尿病患者の診療が恒常的におこなわれていること
    • (3)糖尿病の患者教育、食事指導が恒常的におこなわれていること
  • 3) 受験者が2.の「糖尿病療養指導業務に従事した期間」に当該施設で携わった糖尿病療養指導の自験例が10例以上ある
  • 4) 本機構が開催する講習会を受講し、受講修了証を取得している

日本糖尿病療養指導士の活動

この資格は、糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を持ち、医師の指示の下で患者に療養指導を行うことのできる熟練した経験を有し、試験に合格した者に与えられます。
つまり、CDEJに認定されることは、糖尿病の臨床における生活指導のエキスパートであることを意味します。
長崎県では、CDEJの資格を取得された方は、自施設での糖尿病療養指導の中心となり、リーダーシップを発揮されています。地域では、他病院との連携のキーパーソンとなり、地域の糖尿病活動へ参加するなどの活動をしています。
医療は日々進歩しますので、CDEJとして認定された後も引き続き実践と研鑽を重ねて最新の知識・技能を身につける必要があります。このため、CDEJの認定制度は5年毎の更新制となっています。更新のためには「一定期間の実務および新たな症例の経験、一定の講習・研修の習得」などが必要です。